24時間営業していてプールを利用可能なスポーツジムを探す

社会人になってから運動する機会は減り、体重が増えていたので、スポーツジム通いを始めることにしました。学生時代は水泳部に所属していたため、ランニングや筋トレだけではなく、泳ぎたかったのです。仕事が忙しい時期も利用したかったので、24時間営業していてプール付きのスポーツジムという条件で探したものの、簡単には見つけられませんでした。

運動不足を感じていたので気軽に運動したい

学生時代は水泳部に所属し、ほぼ毎日プールに通って長い距離を泳いでいました。しかし、社会人になってからは仕事の忙しさもあり、一度も泳いでいませんでした。暇な休日に泳ぎたいと思うことはありましたが、就職と同時に新しい街で暮らし始めたため、どこにプールがあるのかわからない状態だったのです。

通うプール探しから始めなければならないので面倒になってしまい、結局は泳がずに終わっていました。それでも、運動不足で体重が増えたり、連休を取得できたりといった理由から、久し振りに泳ぎたくなりました。これをきっかけに泳ぐようになれば、体重を落とせますし、良い気分転換になって仕事の集中力をアップできそうだと考えたのです。

最初に目を付けたのは、市民なら誰でも泳げるプールです。料金は非常に安い点は魅力的ですが、自宅や勤務先から距離があるので利用し辛く感じました。また、外観や内装が古い点もイマイチに感じられました。もっと自宅や勤務先から近い場所にある方が便利ですし、綺麗で設備が充実しているプールで泳ぎたいと考えたのです。

そこで、情報を調べることにしたのはスポーツジムです。なぜなら、営業を開始して10年以内のスポーツジムなら、外観や内装は綺麗で設備は充実しているので快適に利用可能ですし、プール付きだったり、24時間営業だったりなど、利用者にとって便利なスポーツジムが増えているからです。

24時間営業しているスポーツジムは仕事帰りに立ち寄れる

繁忙期になると遅くまで残業することが多いです。そんな時は寄り道をせず、真っ直ぐに帰宅した方が良い時もありますが、運動をしてスッキリしたい時もあります。繁忙期に立ち寄ってランニングや筋トレ、プールで泳ぐことを考えると、24時間営業しているスポーツジムは非常に魅力的でした。

これなら、訪れる時間帯を気にする必要はないですし、気が向いた時にいつでも利用可能です。また、寝付きが悪い日は24時間営業しているスポーツジムでトレーニングをすれば、程良い疲労感で眠気を誘うことができます。

夜間はランニングや筋トレのエリアしか利用できず

自宅から徒歩で15分以内や車で10分以内の場所に、24時間オープンのスポーツジムがあるとわかりました。

それも、営業を開始して10年以内と比較的新しい点も良かったです。ところが、情報をよく調べてみると、24時間オープンでも夜間はランニングや筋トレのエリアしか利用できないことが判明しました。プールエリアが開放されている時間は決まっているので、遅い時間に立ち寄ったとしても泳ぐのは無理です。

ランニングや筋トレだけでも運動不足を解消し、体重を落とすことはできるでしょう。しかし、学生時代は水泳部で社会人になってからは一度も泳いでいなかった者としては、夜間のプールで開放感を味わいながらクロールや背泳ぎを堪能したかったのです。

自宅から近い方が便利ですが、車を利用すればもう少し遠い場所のスポーツジムに訪れることは可能です。探す範囲を広げれば24時間オープンしていて、夜間でもプールで泳げるスポーツジムが見つかるかもしれないと考えました。

懸命に探すも見つけられない

インターネットで調べたり、会社の同僚に聞いたりなどランニングや筋トレに加え、24時間プールを利用できるスポーツジムを懸命に探すものの、見つけられませんでした。これほどじっくりと探したにもかかわらず、見つけられなかったのでショックでした。

ただ、スポーツジムの情報を集める中でわかったのは、通常営業時間とセルフ利用時間があることです。通常営業時間内はスタッフが常駐しているのに対し、セルフ利用時間の際はいない状況です。セルフ利用時間ではランニングや筋トレが可能な程度で、利用者が危険な状況に陥るリスクは低いです。

しかし、プールは泳いでいる最中に気を失ったり、溺れたりする状況が考えられる分、リスクは高くなっています。そのため、スタッフが常駐していないセルフ利用時間については、プールで泳ぐことはできないのでしょう。

仕方ないのはわかりますが、水泳が得意な者にとっては残念な状況でした。

スポーツジムにかかる費用は?有名ジムの値段を徹底検証

遅い時間帯までプールを利用できるスポーツジムに決める

残念ながら24時間いつでもプールを利用できるスポーツジムは見つけられなかったのです。夜中は無理だったとしても、遅い時間帯までプールで泳げるスポーツジムなら、仕事が忙しい繁忙期でも水泳を楽しめるチャンスがあります。

遅くても21時や21時30分程度だと予想していましたが、嬉しいことに22時や22時30分、23時という時間帯まで泳げるプールがあるスポーツジムを見つけました。

これなら、仕事帰りでも気軽に立ち寄って30分や1時間ほど泳げますし、水泳だけで満足できなかった時はランニングや筋トレで汗を流せます。

スポーツジムに通い始めてから起こった嬉しい変化

仕事帰りにスポーツジムに通い、プールでたくさん泳いだり、ランニングや筋トレに励んだりした結果、水泳部だった学生時代ほどではないにしても、良い具合に体が引き締まっています。また、体重が落ちましたし、運動不足を感じることはなくなりました。

さらに、スポーツジム通いが気分転換になっているようで、仕事をしている時の集中力がアップしています。このまま通い続ければ運動不足にはならず、体重や体型をキープできると思うので、繁忙期でも可能な限りは24時間営業しているスポーツジムを利用したいですし、泳いでいる時間はとてもリラックスできているため、今後はランニングや筋トレよりもプールの時間を増やす予定です。

ただ、いずれは自宅から徒歩の距離に24時間プールを利用可能なスポーツジムができてほしいです。

そうすれば、泳ぎたい欲求を我慢する必要はなくなり、満足するまで何時間でも泳ぎ続けられます。仕事を考慮すると体を休める時間は重要なので、ずっと泳いでいるわけにはいきませんが、休憩を入れながらでも2時間や3時間程度は泳ぎたいところです。

スポーツジムにとって夜間の時間帯にプールのエリアを開放するのは、利用者の少なさや人件費の面で負担が大きいのでしょう。それでも、自分のように泳ぐのが好きな人は必ずいるため、いつでもプールで泳げるスポーツジムの登場に期待しています。